会社で冊子などの印刷物を作成

印刷物を業者に頼む

判版

会社の印刷物の作成を他社に依頼

会社で冊子などの印刷物を発行する場合、すべて自社で作るのではなく、原稿は会社で作って、その他については編集プロダクションなどに頼むという方法があります。そうすれば、プロの編集者がレイアウトを組んでくれますから、非常に見栄えのいいものを作ることが出来ます。ただ、校正については自社で行う必要があります。編集者が組んだレイアウトに印刷された文章が戻ってくるので、誤字や加筆、修正をしたいところがあったら直します。この際、校正用語を使うとスムーズに行えます。たとえば、文章の一部を削除したい場合は、そこを線で消して更にそこから線を引いてカタカナでトルと書き加えます。

プリント用語の校正とは何か

印刷業界などでよく使われる校正という用語があります。これはどのような作業のことなのでしょうか。この作業は校合とも呼ばれますが、文章などの文字や漢字、または文章そのものの誤りを訂正する作業のことを指します。また、刷り上がったものと原稿とを見比べて、印刷の刷り間違いが無いかなどの確認作業をすることでもあります。その他、文章や文字など以外に色について確認する作業のことを指す場合もあります。この作業は、在宅で仕事とされている方もおられますが、仕事にするにはしっかりした日本語の知識などが必要となるため、校正技能検定などで級などを取得する必要があります。

↑PAGE TOP

© Copyright 会社で冊子などの印刷物を作成. All rights reserved.