製本を行う印刷会社について

印刷会社での使用用語

判版

印刷会社で使われる用語の折丁

印刷会社には、チラシや商品のパッケージなどを扱う部署もありますが、本や雑誌など出版物を扱う部署で、よく使われる用語の一つに折丁があります。これは、製本の際に使われる刷り紙の利用単位です。本を作るときは、1枚の刷り紙に複数ページ分を一度に印刷します。これをページが並ぶように折りたたんだものが折丁で、折り本と呼ばれることもあります。この折り本をいくつも並べて、一冊の本に仕上げるのです。1枚の刷り紙に並べられるページ数は通常4の倍数で、もっとも一般的なのが16ページです。他に4ページ、8ページ、32ページ分を1単位とすることもあります。

業界の専門用語について

印刷業界には他の分野ではあまり使用しない専門用語が沢山ありますが、折丁という言葉もその中の一つです。この言葉が意味するのは本を構成するい単位のことであり、製本されているものを分解すると折りたたまれたいくつかの束に分解することが出来ることが分かります。これが折丁と呼ばれる単位であり、印刷業界ではこれを4、8、32等様々な単位で構成して本を作るという仕組みを採用しています。なお、これに対して二つ折りだけをした物をペラ丁と言います。製本とは呼べない程シンプルなものではありますが、これを最小単位として本は作られるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 会社で冊子などの印刷物を作成. All rights reserved.